コロポックル

コロポックルのはなし



コロポックルは北の土地に暮らす
小さな人たちです。


コロポックルの食べ物は川や池で捕まえる小さな魚や
木になる果物などです。
木の実はリスや小鳥たちと分けあいます。


コロポックルはとても優しい性質で
冬になると人間たちが食べるものに困っていないかと
心配して
人間の住む家の玄関に食べるものを
そっと置いておいたりします。


コロポックルは恥ずかしがり屋で
人間に姿を見られるのをたいそう嫌います。


人間に姿を見られたと知ると
コロポックルは皆揃ってよその土地に
引越してしまうのです。