レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

野菊と殿さま その一

野菊と殿さま その一


昔ある村に、のぎくと言う名の娘が
父親とふたりで暮らしていました。


娘はその名の通り、たいそう美しく、
性格も優しい娘でした。


ある日殿さまが大勢の供の者を連れて
村に狩りにやってきました。
そして通りがったのぎくの家で
ひと休みすることにしました。


殿さまはのぎくを一目見てたいそう気に入り
屋敷に連れ帰って自分の奥方にしたいと
父親に話しました。


「娘は田舎育ちで、お屋敷での暮らしは
馴染めないと思います」


父親はそう断ったのですが、
殿さまに是非にと乞われて
のぎくは殿さまの奥方になりました。


奥方となったのぎくは
「愛らしい奥方さまで
屋敷に花が咲いたようだ」と
人々の評判になりました。


しばらくのうち殿さまとのぎくは
仲睦まじく暮らしていましたが、
ある時のぎくがうっかり殿さまの前で
粗相をしてしまったのです。


殿さまはたいそうお怒りになり
のぎくを屋敷から追い出してしまいました。


つづく


☆★☆


うっかりオナラしちゃったくらいで
追い出すなんて、なんてひどいお殿様なの・・。