レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

「ぼうたろう」(5)

「ぼうたろう」(5)


それからまた何年も時が過ぎ、
ぼう太郎は心の優しい若者に育ちました。


ある日ぼう太郎は
毎日寺の鐘をつきにいく父親に
わけを聞いてみました。


そしてぼう太郎は
自分を産んだ母親のことを知り、
母親に会いに沼に行こうと思いました。


ぼう太郎は沼に着くと
「ぼう太郎のおっかさん、ぼう太郎のおっかさん、
出て来ておくれ」と
何度も呼びかけました。


すると、人間の姿の母親が
ぼう太郎の前に現れました。
でも母親はぼう太郎の顔を見ることは
出来ません。


母親はぼう太郎の顔を両手でさすって
涙をぽたぽた流しました。


ぼう太郎は母親に
「おっかさんには長い間寂しい思いをさせた。
家に帰って一緒に暮らそう」
そう言って母親をおぶって、山を降りました。


それから親子三人仲良く幸せに暮らしました。


(おわり)


本の挿絵。
ぼう太郎とおかあさん。

  


この本ではおかあさんは竜(?)になってます。