レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

「ぼうたろう」(4)

「ぼうたろう」(4)


子供は男の子でぼう太郎と名づけられました。


ぼう太郎はすくすく育ち、
だんなさんはぼう太郎が泣くと
母親が残していった目の玉をあたえました。


ぼう太郎は目の玉をしゃぶったりおもちゃにして
遊びました。
ですが三歳になる頃には
目の玉はすっかり小さくなって
そのうちにとうとう無くなってしまいました。


目の玉を欲しがって泣くぼう太郎に困っただんなさんは
妻がいる山の中の沼に行ってみることにしました。


だんなさんはぼう太郎を連れて
沼にやってくると
「ぼう太郎のおっかさん、ぼう太郎のおっかさん、
出て来ておくれ」と呼びかけました。


すると沼から人間の姿をした妻が現れました。


だんなさんがわけを話すと
妻は今度は自分の右の目の玉をくり抜き
だんなさんに渡しました。
そして
「わたしはこれで朝日がのぼっても
夕日が沈んでもわからなくなってしまいました。
ですから沼のほとりに鐘をつるして
毎日朝と夕方に鳴らしてください」


そういうとまた沼の中に帰って行きました。


だんなさんは沼の近くにあるお寺に
釣鐘をおさめて、毎日朝夕必ずその鐘をついて
妻に知らせました。


(つづく)


☆★☆
今朝の朝顔