小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

春のアラカルト ①

「春のアラカルト」 ①


3月のある日、
ニューヨークに住むサラは
メニューカードの上に涙をこぼしていました。



サラはフリーのタイピストとして生計を立てていました。
一番のお得意先は下宿の隣にあるレストラン。


ある日、その店で食事をしたサラは
英語ともドイツ語ともわからない
乱雑な文字で書かれたメニューカードを持ち帰り
自宅のタイプライターで清書すると
翌日店の主に見せました。


前菜から「コートや傘のお忘れ物には責任を負いません」まで
綺麗にタイプされた紙を見て
店主はすぐにサラと契約を結んでくれました。


清書するのは毎日変わるディナーのメニューカードを21枚、
朝食とランチは変更があった時だけ。
報酬として一日三回の食事が
サラの部屋まで店の者によって
運ばれました。



サラは前の年の夏、二週間ほど田舎に遊びに行き
そこでウォルター・フランクリンという若い農夫と
恋を落ちました。


ラズベリーの生い茂る小道の木陰で
サラはウォルターにプロポーズされ
サラはそれを受けました。
ふたりは並んで座って、タンポポで花冠を作りました。
タンポポの冠はサラのよく似合い、
それをウォルターに褒められたサラは
冠を頭に載せたまま、麦藁帽子を振りまわして
家に帰ったのです。


「春になったら結婚しよう」ふたりはそう約束し
サラはニューヨークに戻りました。
それから季節はめぐり
3月となりました。



つづく



2月1日の誕生花はマーガレットです。
花言葉は「真実の愛」「信頼」