鬼のなまえ その一  写真追加しました。

鬼のなまえ その一


昔、ある村の近くに大きな川がありました。
流れの早い川で、船で渡ることができません。
そのために村の人たちはとても困っていました。
向こう岸に行くことが出来ないのです。


皆で相談して、村の大工に橋をかけてもらうことに
しました。


「大工さん、ひとつあの川に橋をかけてもらえませんか」


村のひとたちからそう頼まれると
大工は断ることができなくなりました。


皆が困っていることがよくわかっていたからです。


大工はひとり川にやってきて考え込んでしまいました。
流れが早くて深い川です。
向こう岸が見えないくらい幅が広い川に
どうやって橋をかけたらいいのでしょう。


「困ったな、困ったな」


大工が腕組みしながらひとりごとを言っていると
ふいに岸の近くの川水にぶくぶつと泡が立ちました。


おやっと思って見ていると
水の中から二本のつのの生えた大きな頭が
にょきっと出てきました。
頭の下にはぎらぎらした目玉と
大きな口が見えました。
川に住んでいる鬼が水の中から首を出したのでした。


つづく


☆★☆


カメラを避けるリーコ


先日買ったパンジーの苗、
ひとつ咲きました(*^_^*)


朝顔も頑張ってます。
ふたつ咲きました。

☆★☆
読者登録してくださって方、
niceを押してくださるみなさん、
いつもありがとうございます(涙・涙)