小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

昔話 天から福 地から福

昔、正直なおじいさんと欲深なおじいさんが
隣同士に住んでいました。


ある正月の二日に正直なおじいさんが
「天から福が降って来る」夢を見て
それを隣の欲深なおじいさんに
話しました。


正月に見る夢は正夢になると言われています。


欲深なおじいさんは悔しくて
「自分は地から福を掘り出す夢を見た」と
正直なおじいさんに嘘をつきました。


正月が終わり、正直なおじいさんが
畑仕事をしていると
地面に何か埋まっているのを見つけました。
掘り出すとそれはずっしり重い甕で
蓋がしっかりしてありました。


正直なおじいさんは
「これは隣のおじいさんが夢に見たことが
正夢になったに違いない」と
隣の家に行って
掘り出した甕を欲深なおじいさんに
渡しました。


正直なおじいさんが帰った後
欲深なおじいさんは
その甕の蓋を開けてみました。


すると中には沢山の蛇が入っていたのです。


欲深なおじいさんは怒って
正直なおじいさんの家の屋根に上って
「こんなものお前にくれてやる」と
正直なおじいさんに向かって
甕に入っていた蛇を投げつけました。


すると蛇は正直なおじいさんの足元で
全部キラキラ光る小判に変わりました。


正直なおじいさんは
「天から福が降ってきた」と
喜び、その小判でたいそうなお金持ちに
なりました。


おわり