レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

お伊勢参りの猫(2)

「お伊勢参りの猫」(2)


ある夜、だんなさんと奥さんはこんなことを
話していました。


「猫の留守番もいいけど、
本家でばあ様でも貸してくれれば
もっと都合がいいのになぁ」


「そうですねぇ。
留守の間にひき臼でもひいてもらえば
しめしもの(※)を作って食べるのに都合がいいですね」


そばで猫は黙って聞いていました。


次の日、だんなさんと奥さんが
夕方になって家に帰ってくると
家の中からゴロゴロと何か音が聞こえてきます。


「おや一体何の音だろう」
ふたりが家の戸を開けると
猫がゴロゴロひき臼で粉をひいていました。


「まぁまぁ、おまえは昨夜のわたしたちの話を聞いていて
ひき臼で粉をひいてくれたのかい」
奥さんはさっそく猫がひいた粉で
しめしものを作りました。


そして猫にも
「おまえのおかげで
久しぶりにしめしものが食べられた。
お前もたくさんお食べなさい」
と言って食べさせました。


そうして暮らしているうちに
ある日のこと、猫がだんなさんと奥さんに
言いました。
「わたしをお伊勢参りにやってください」


(つづく)


本の挿絵(粉をひく猫・・かわいい・・)


(※)「しめしもの」は調べたのですがどんなのか
わかりませんでした。


☆★☆


今朝の朝顔(今日はひとつ)