小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

(変更)赤ん坊が好きな泥棒(昔話)

一度別のお話を載せましたが、
こちらの話に変更しました。
ナイスをつけてくださった皆さん、
申し訳ありません。


☆★☆


むかしむかし、泥棒が、
ある家の天井裏に忍び込みました。
  
下を見ると、お父さんとお母さんと赤ん坊が眠っています。
  
昼間の仕事の疲れからか、
お父さんとお母さんは起きる気配がありません。


「しめしめ、よく眠っているぞ」
  
泥棒が安心して下へ降りようとすると、
まん中に寝ていた赤ん坊が、
ぱっちりと目を開けました。
 
「しまった」


 泥棒は、あわてて天井裏へ戻りました。
すると赤ん坊が、今にも泣き出しそうな顔でこっちを見ています。


「弱ったぞ。こんなところで泣かれては大変だ」
  
そこで泥棒は、ペロリと舌を出しました。
そのとたん、赤ん坊はにっこり笑いました。
「よしよし、いい子だ、いい子だ」


次に泥棒は口をとがらせて、
ひょっとこのお面みたいな顔をしました。
それを見て、赤ん坊はまた笑いました。


「あははは。何て可愛い赤ん坊だ」
泥棒はこの赤ん坊がすっかり気に入って、
手を動かしたり、おもしろい顔をして見せたりと、
仕事も忘れて赤ん坊をあやしていました。
 
「コケコッコー!」
  
そのうちに一番鶏が鳴き出しました。
 気がつくと、外はだいぶん明るくなっています。
 
「しまった。夜が明けてしまった」
泥棒は赤ん坊に手を振ると、
何にも取らずに逃げて行きました。


おわり