サギソウ

この記事は一度アップしたのですが、
削除して書き直しました。


何件かナイスがついていたと思うので
して下さった方はすみませんでした(><)


6月18日の誕生花はサギソウです。
花言葉は清純、無垢、繊細、夢でも貴方を想う・・などです。


以下ウィキペディアより。


サギソウは1968年(昭和43年)に世田谷区の「区の花」に指定されている。
昔は大規模なサギソウの自生地が存在したためである。


また、世田谷区にはサギソウに絡んだ昔話も残っている。


吉良頼康公の側室「常盤姫(ときわひめ)」が悪い噂話のために追放され、
身重で逃亡し、自害して身の潔白を証明しようとした。
その際、飼っていた白鷺の足に遺書をくくり付け飛ばしたのだが、
白鷺は途中で力尽きて死んでしまう
。死因は飛び続け力尽きたとも、
鷹狩の鷹や弓矢に落とされたともいわれている。
その白鷺が多摩川のほとりでサギソウになったという