小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

犬をこわがるお嫁さん

「犬をこわがるお嫁さん」


昔ある村に働き者で心の優しい若者がおりました。


若者は毎日隣村に働きに行き、
帰りは村はずれの原っぱを通って
家に帰りました。


ある日の夕方、若者が原っぱまでくると
西の空が夕日で一面茜色に染まっていました。


あまりの美しさに若者が足を止めて
空を眺めていると、
すぐそばに人がいる気配がしました。


若者がそちらを見ると
ひとりの若い娘がやはり空を眺めておりました。


娘がひとりで村はずれの原っぱにいることを
不思議に思い、
若者が「じきに日が暮れる。もう帰ったほうがいい」と
言うと、
娘は
「わたしの両親はもう亡くなり、
ひとりで暮らしています。
よかったらあなたの家に連れて行ってください」と
言うのです。


若者は迷いましたが、
娘の様子がとても寂しそうに見えたので
家に連れて帰ることにしました。


しばらくして二人は夫婦になり、
一年後にはかわいい子供も生まれました。


つづく


☆★☆


寝てます・・。