レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

「とっつこうか、ひっつこうか」 その一

「とっつこうか ひっつこうか」 その一


昔ある所に心の優しいおじいさんと
おばあさんがつつましく暮らしていました。


ある日、おじいさんは山に木を切りに出かけました。


おじいさんが薄暗い竹やぶの横を通った時、
やぶの中から「とっつこうか、ひっつこうか」という
薄気味の悪い声が聞こえました。


おじいさんが勇気を出して
「とっつきたいなら、とっつけ。
ひっつきたいなら、ひっつけ」と言うと
竹やぶからムカゴが一杯飛び出してきて
おじいさんの身体にくっつきました。


おじいさんはそのまま家に帰り
おばあさんはおじいさんの身体からムカゴを取ると
ムカゴご飯をこしらえて、
ふたりでおなかいっぱいおいしく食べました。


つづく


☆★☆
「くらげほねなし」が途中ですが、
都合により、こちらのお話を先にします。(*^_^*)


ヤマノイモのむかご


ドールハウス