レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

さるまさむね その六


さるまさむね その六


「なるほど、これをお礼に持ってくるために
ご状箱を持って行って
我々を待たせるようにしたんだな」


「知恵のあるサルだ」


ふたりが包みを開けて見ると
中には白木のさやに入った刀が一本入っていました。


さやから抜いて見てみると
それは素晴らしい立派な刀でした。


ふたりの飛脚は江戸に着いてから
その刀を目利きの人に見てもらいました。


すると「正宗」というひとが作った
たいそう値打ちのある刀だということわかりました。


ふたりは九州に戻ってから
その刀をお殿様に差し上げました。


お殿様はたいへんお喜びになり
ふたりには褒美を与えました。


そして刀には「猿正宗」という名前をつけて
家宝にしたということです。


おしまい。


☆★☆


クリスマスにはまだ早いけど、
前に描いたイラスト。