レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

さるまさむね その三


さるまさむね その三


「大きなタコだったな」


「捕まえて魚屋に持って行けばよかった。
惜しいことをした」


飛脚たちはそんな話をしながら
サルの方を見ると
サルは走って行って
道端に置いてあったご状箱を
拾い上げました。


「利口なサルだね。
荷物を拾ってくれたんだね」


「あれを忘れないようにと
こちらに持ってきてくれるんだね」


飛脚たちがそう言っているうちに
サルはご状箱をかついで
あちらの峠の上へ
どんどん走って行ってしまったのです。


(つづく)


恩知らず?