レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

さるまさむね その一

さるまさむね その一


昔九州の殿さまの大事な手紙を
江戸に届けるために
ふたりの飛脚が東海道を歩いていました。


ふたりが海岸沿いの道を歩いていると
ひとりが海岸の方を見て
「あっ、あれは何だ」と言いました。


もうひとりもそちらを見ると
「これはすごい」と立ち止まりました。


海岸の岩のところに一匹の大きなタコがいて
何か大きな動物を足でからげて
海に引っ張り込もうとしていたのです。


「あれはサルだ、サルがやられている」


はじめに見つけた飛脚が叫びました。


(つづく)


え~、怖いですね~ドキドキ・・。


☆★☆


クリスマスまでまだ二ヶ月もあるけど
飾ってみました。