おだんごころころ その六 写真差し替え、追加あり

おだんごころころ その六



「大変だ、大変だ。もう夜が明ける」
鬼たちはあわててその場から逃げ出しました。


ところがその中の一番小さい鬼が
いろりのかぎに鼻をひっかけて
逃げ損なってしまいました。


「おおい、待ってくれ、待ってくれ、
かぎに鼻をひっかけた」と
小さい鬼は大声で叫びました。


その様子を見た隣のおじいさんは
おかしくて思わず
「あはははは」と大声で笑ってしまったのです。


「おや、人間の声がしたぞ」


鬼たちがみな戻ってきて
お地蔵さんの頭の上の隣のおじいさんを
見つけ出すと
さんざんな目に合わせました。


隣のおじいさんは何とか命だけはひろって
家に帰ったということです。


おわり


「ゆうやけ こやけ」


中村雨紅 作詞
草川 信 作曲


ゆうやけ こやけで ひがくれて・・



散歩を待つリーコ