レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

「峠のきつね」その一

「峠のきつね」その一


昔、みまさかの国のある山の峠に
一軒の茶店がありました。


店の主人はきへいさんという人でした。


ある日、はかまに刀を二本さした
立派な身なりのさむらいが
店に入ってきました。


「いらっしゃいませ。おつかれさまでございます」


そういってきへいさんがさむらいの見てみると
さむらいの顔は毛がはえてとんがっており
頭には大きな三角の耳がつんと突っ立っていました。


(ははぁ、いたずらきつねめ。
あれでうまく化けたつもりでいるんだな。
ひとつからかってやるとするか)


きへいさんはそう思って
「さぁ、どうぞどうぞおかけになって
ゆっくり休んでいってください」と
きつねのさむらいに丁寧に言いました。


つづく


得意げです。