レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

鬼のなまえ その二

鬼のなまえ その二


「おい大工、いったい何を考えているんだ」
と水から首だけ出したままで鬼が聞きました。


大工が目を白黒させていると
鬼は「ここに橋をかけたいんだろう」


大工が「そうなんです。
でもとてもかけられそうにありません」
と答えると


鬼が「おれが橋をかけてやろう」と言います。


大工がよろこんで「お願いします」と言うと
鬼は
「でもそのかわりお前の目玉をもらおうか」と
言い出しました。


大工が困って「目玉だけは勘弁してください」と言うと


鬼は「じゃあこうしよう。もし俺の名前を当てることが
出来たら目玉を取るのは勘弁してやる」


大工はどうしても橋をかけたかったので
とうとう鬼の言うことを承知してしまいました。


つづく


うーん、困った・・。



愛嬌がある鬼。