レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

牛方と山姥 2

牛方と山姥


牛方が山姥に「もう干鱈はない」と言うと

山姥は「じゃあその牛を食わせろ」と

言ってきます。


牛方は牛を置いて逃げることに

しました。


一目散に走り出した牛方の後ろで

山姥が牛を食べるバキバキという音が

聞こえてきます。


牛方は走って走って

やがて日がとっぷり暮れた頃

一軒のあばら屋を見つけました。

牛方は中で少し休むことにしました。


続く


サカナさん、

コメントいただきありがとう(*^_^*)ございます。

お返事夜になります。

よろしくお願いします。