レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

牛方と山姥

牛方が牛の背に干鱈を積んで

山道を歩いていた時のこと。


夕方あたりが薄暗くなった頃

牛方の後ろから

「干鱈をひとつ食わせろ〜」と

気味の悪い声がしました。


「これは山姥の声だな」と思った牛方は振り向かず干鱈をひとつ後ろに

放り投げました。


牛方は山姥が恐ろしかったけれど

大事な牛を置いて

逃げるわけにはいきません。


我慢して歩いていると、

また後ろから「干鱈を食わせろ〜」と

声がします。


それで牛方はまた後ろに干鱈を投げ、

それが何度も続き

とうとう干鱈は無くなってしまいました。


続く


☆★☆


似たポーズ


ミュシャ



ドニ