犬と猫とうろこ玉(1)

「犬と猫とうろこ玉」(1)


昔貧乏だけど心の優しいおじいさんがおりました。


ある日、おじいさんは
犬と猫が子供たちにいじめられているのを見つけて
助けてやりました。


おじいさんは犬と猫を連れて帰り、
とても可愛がってやり、
犬と猫も仲良しになりました。


ある時、おじいさんの庭先に
白い小さな蛇があらわれました。
かわいらしい蛇はおじいさんになつき、
おじいさんは自分の箪笥の引き出しにいれて
育ててやることにしました。


やがて蛇は箪笥の引き出しに入り切れないほど
大きくなりました。


おじいさんは「おまえはすっかり大きくなったから
もう外に出て自由に暮らすといい」と言い、


おじいさんが蛇を庭に放すと、
蛇は松の根元の穴にするっと入っていきました。


おじいさんがその穴をのぞくと
何かきらりと光るものが見えます。
それは金のうろこがびっしりついている
うろこ玉というものでした。
おじいさんはうろこ玉を箪笥の引き出しにしまいました。


うろこは毎日一枚づつはがれ落ちます。
おじいさんがはがれたうろこを売ったお金で
呉服屋をはじめると
またたくまに繁盛するようになりました。


(つづく)


☆★☆
仔犬のリーコ