小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

猿とお地蔵さん

今朝のリーコ

毛布と同化?



猿とお地蔵さん


ある村に正直で優しいおじいさんと

おばあさんが暮らしていました。


ある日おじいさんはおばあさんに

おむすびを作ってもらって

それを持って

山仕事に出かけました。


おむすびの包みを

木の枝にかけて

仕事をしていましたが

昼になっておむすびを食べようと

木のところに戻ってきました。


すると数匹の猿たちが

おじいさんのおむすびを

食べているところでした。


美味しそうに食べる猿たちを

おじいさんは少し離れたところから

ニコニコ見ていました。


しばらくする猿たちはおじいさんに近づいてきました。


おじいさんは目を閉じて

じっとしていたので

猿たちは

「なんと立派なお地蔵さんだ」

「こんなところより、

山のうえのお堂の方がいい」

「みんなで運んで差し上げよう」

「そうしよう、そうしよう」


それで猿たちはおじいさんを担ぎあげて歩き始めた。


続く