小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

いたずらたぬき 二

村中寝静まっており

誰も火事に気がつきません。


そこでたぬきは

出来るだけ半鐘の音に似せた

大きな鳴き声を上げながら

村中を駆け回りました。


それで三平どんや村人達は火事を無事消し止めることできました。


「あの半鐘は一体誰が鳴らしたものか?」


村人達は一様に首を傾げました。


ところが翌朝、

お寺の門の前で口から血を流して

たぬきが亡くなっているのが

見つかったのです。


「たぬきはいたずらのお詫びがしたかったのじゃろうて」


村人達はたぬきのことを不憫に思い

小さな祠を建てて

たぬきを祀ってやりました。


おわり