小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

おこう 七

おこうは気がつくと

源太郎の木賃宿に来ていました。


源太郎は何も聞かず

おこうの汚れた足を洗って

部屋に上げました。


部屋には作りかけの下駄がいくつも

積み上げてあります。


「あれから下駄を作ってるんだ」



☆☆☆


おこうと所帯を持つことを

諦めきれず

源太郎は下駄を作りはじめました。


十足作り、それを持って江戸の下駄屋をまわりました。


京屋という店の主人が置いて行っていいと言ってくれ、

十足全部預けてきたのです、


5日後、主人が自分で

源太郎の木賃宿を訪ねて来ました。


下駄は全部売れたと言い、

十足分の代金を源太郎に渡すと


「何足でも作っただけうちで全部買い取らせて欲しい。

長いこと下駄屋をしているが

こんな丁寧な作りの下駄ははじめてだ。

買った客が、何とも履き心地がいいともう一足欲しいと言ってくる。


履いてみればわかるんだ。

作った者の心がそっくり履く者に

伝わる。

これまでどんなに職人に言っても

だめだったが…」


帰りがけに送ってでると

京屋の主人は源太郎の下駄を

履いていました。


☆☆☆


「今日も出来上がったのを

納めてきたんだ。

旦那さんが長屋に小ざっぱりした家も

見つけてくれて…

明日にでも、

おこうちゃんに会いに行こうと思ってたんだよ。


どうだろう、おこうちゃん、

俺と一緒に…」


おこうはまるで夢見ごこちで

源太郎の話を聞いていました、


そして源太郎がそっと腕を伸ばすと

おこうは花のように抱き寄せられました。


終わり