小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

おこう 五

しかし源太郎はおこうに

「一緒になることは出来ない」と

告げました。


「一人前の下駄職人になって

店を持ったらおこうちゃんを嫁にもらうのが

俺の夢だった」


源太郎は江戸に出てきて

親方について下駄作りの修行を

していました。


「俺は仕事が遅くて

作るものも丈夫すぎると

言われた」


親方が言うには

見た目が良くて軽いものを

早くたくさん作らないと

話にならない。

下駄は所詮消耗品だと…


暇を出された源太郎は

灯籠売りでなんとか食い繫いでいました。


そんな自分がおこうを嫁にもらうことなど出来ないと。


源太郎は自分自身を

不甲斐なく思っていました。


源太郎の言うことに

おこうは何も言えず

源太郎に送られて

家に戻ったのでした。