小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

おこう 四

おこうは鳥越の源太郎を

訪ねることにしました。


男の住まいを一人で訪ねるなど

おこうにとっては一大決心のいる

ことでした。


あちこち聞きまわって

ようやく探し当てた

源太郎のいる木賃宿は

ひどく粗末なところでした。


源太郎はおこうを見て

ひどく驚きました。


☆☆☆


源太郎はおこうを近くのそば屋に

連れて行きました。


二階の部屋に腰を落ち着けると、

おこうは源太郎に見合いのことを

話しました。


冗談めかして話そうとしましたが

涙がこぼれます。


「おこうちゃんは子供時分から

器量も気立ても良くて

年頃になったら

どんな男がおこうちゃんを射止めるか

よるとさわると噂になってた…」


源太郎はおこうの粗末な髪の飾りや

古びた着物に気がつきました。


源太郎は江戸に出て来てから

何度かおこうの家の近くまで行っており、


源太郎は贅沢ななりをした

姉のおくにも見かけていました。


おこうは着物の袂から手毬を取り出し

それを源太郎に買ってもらったときのことを話しました。


「俺はずっとおこうちゃんが好きだった」


二人はようやく互いの気持ちを

確かめあったのでした。