小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

遺り櫛 二

志津が江戸に戻ったあと、

不正は明るみ出て

止むを得ず不正に関わっただけの元夫も職を追われ

京からも追放され

病気で亡くなるまで

折枝と暮らしていたといいます。


志津が折枝から差し出された包みを開くと

元夫の遺髪と志津が愛用していた櫛が出てきました。


折枝は

「私は最期まであの方のそばにおりました。

あの方はあなたさまを恨むことなく

その櫛を大切に

持っておられた。

あなたさまを愛おしく思っておられたのです。

あなたさまが裏切らなければ

あの方は死なずにすんだのです」


志津は折枝を嘲るような目で見ると

こう話し出しました。


つづく