小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

遺り櫛

二十歳を過ぎても

縁づいていなかった志津は、

伯父から京のある役人の男の元に

嫁ぐように言われます。


その男はある不正に関わっていると

思われていて

志津の役目はそれを探ることでした。


結婚してしばらくすると

志津は夫から不正の証拠となる事柄を聞き出し、伯父に知らせると

病気を理由に江戸に戻り、

そのまま離縁してしまいます。


それから

志津の伯父は大いに昇進し

志津は毎月伯父から運ばれてくる多額の金で

贅沢三昧の暮らしをしていました。


志津が三十をすぎた頃、

京から一人の女が志津を訪ねて来ます。


折枝というその女の顔は

志津には忘れられない顔でした。


続く