小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

かみなり 四

きよが4歳になった年、

幕府から


「日本人と南蛮人の間に生まれた混血児は

全員日本から出国させ

マカオに送るように」という

厳命が下されました。


きよの名がそこに含まれていると知った来助は

「きよは私の、本当の孫娘でございます」と必死で訴えましたが

事情を知る来助の上役にも

どうにもなりませんでした。


来助は家中の書画骨董を売り払い、

きよに持たせる金を作りました。


「まだこんなに幼いというのに…」



来助はきよの寝顔を見て

涙を流すのでした。