小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

かみなり ニ

以来、来助は二人の使用人とひっそり

暮らしていましたが


ある日、

庭に1歳になるかならずかの

女の赤ん坊が捨てられているのを

使用人の婆やが見つけます。


「旦那さま、

いくら洗ってやっても肌が白くなりません」


赤ん坊は縮れた髪と浅黒い肌で

一目で異国人と日本人との間に生まれた子供と分かりました。


来助は奉行所で

長男の元許嫁だった梢が

海に身を投げて自害したことを知らされます。


「あの時、二人を許していたら…」


「この子はもしかして

あの時の子供かもしれない」


来助ははじめて梢を不憫に思い、

捨てられていた子供を

手元で育てると

奉行所に届けを出したのでした。


つづく