小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

続き

そんなある日、

信吉の姪の加代が弟を連れて

嘉平達を訪ねてきます。


11になる加代は近所から

ちっちゃなかみさんと呼ばれるほど

しっかりした子供でした。


「兄ちゃんが毎晩こっそり泣いている。

お京さんと名を呼ぶのも聞いた。

もしやこちらのお嬢さんではないかと思ってやってきました。」


加代に嘉平は

「兄さんにうちに婿に来てもらう話があったが、もうなくなったよ」

そう話すと


加代は

「自分はもう11だし

子守でも掃除でも何でも出来る。

弟とこっそり家を出て

二人でやっていく。

だから兄ちゃんをお婿さんにもらってほしい…」

子供らしく泣きじゃくりながら

そう訴えるのでした。


続く