小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

ちっちゃなかみさん 平岩弓枝

三代続く老舗料理屋の跡取り娘、お京は

持ち込まれる良縁を

ことごとく断って

両親の嘉平とおてるを心配させます。


ある日お京は両親に


「店に出入りしている豆腐売りの信吉さんと一緒になりたい」と言い出しました。


信吉に婿に入ってもらい、

店を一緒にやっていきたいというのを

両親ははじめは反対しますが


信吉の人柄の良さと

仕事に対する真面目さを知って

半ば許す気になります。


ところが当の信吉から

婿入りの話を断られてしまいます。


信吉はヤクザな亭主と行方知れずになっている姉が残して行った

二人の幼い姪と甥の面倒を

一人でみていたのでした。


姪達を連れて婿入りなど出来ないし

もししてもいつか姉達が帰って来たら

お店に迷惑をかけることになるかも

知れないと。


お京は両親の前で

「店を捨ててでも信吉さんと一緒になりたい。豆腐屋の女房になりたい。

でも信吉さんはダメだと言っている」と泣きます。


両親は娘に裏切られたような心持ちに

なるのでした。


続く