小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

年当て

呉服問屋のお内儀さんは

年は60ですが、

見た目若く見られるのが自慢でした。


ある日、一人の男が店に入って来て

言いました。


「田舎から柿を売りに出てきました」


「そうかい、もし私の年を

当てられたら一つ買ってやってもいいよ」


男はこう答えます。


「お内儀さんは、そうですね、

19.20.21…」


若く見られたとお内儀さんは喜んで

男の柿を 全部買ってやりました。



夜になって、その話を聞いた旦那さんが笑ってお内儀さんに言いました。


「それはお前、見事に年を当てられたな。

19と20と21を足してごらん。

丁度60になるだろう」


☆☆☆



カレンさん、

お返事ありがとうございました😊