小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

牛と子狐 その二

その夜、田吾作がそろそろ寝ようかと

思っていると

誰かが表の戸をたたく音がします。


田吾作が出てみると、

昼間の子狐が立っていました。


田吾作は

「もう遅いから明日にしてくれ」と

そのまま戸を閉めました。


あくる朝、田吾作が戸を開けると

戸口にカモが一羽置いてありました。


それから田吾作とアカが

畑に出ていても

子狐がやって来ることはありません

でした。