小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

小豆とぎ (日本昔話)

昔ある村のお寺のお堂に
「小豆とぎ」というお化けが出るという
噂がありました。


村には肝っ玉の大きさが自慢の
兵六という若者が住んでおりました。


ある夜、兵六と村の何人かの若者が
肝試しと称してその「小豆とぎ」の出るお寺に
出かけました。


若者たちが本堂に上がると


「シャキシャキシャキ、
小豆とごうか、それとも人取って食おうか」と


気味の悪い声がどこからか聞こえて
きました。


ビックリ仰天した若者たちは
一目散にお堂から逃げ出しましたが、
兵六ひとり平気な顔でお堂に残りました。


どんなに脅してもまるで動じない兵六に
「小豆とぎ」は牛ほどの大きさの
ぼた餅を投げつけてきました。


つづく


はじめて描いた猫耳さん。