ベニバナ

明日6月17日の誕生花はベニバナ(紅花)です。
別名は「末摘む花」「サフラワー」。
花言葉は「寛大」「包容力」





ベニバナのお話



昔、上方のある商人が
ベニバナを求めて船で日向の国へと向かいました。


そしてたくさんのベニバナを買い付けると
ある宿に宿泊しました。 


その宿の主人は「鶏の間」に商人を通すと、
「この部屋のふすまに描かれた鶏は
朝になると絵から飛び出して鳴くのですよ」
と言うのです。


その話を疑った商人は、
「その話がもし本当ならベニバナと船を渡す」
と主人と約束しました。


翌朝、商人の枕元には
鶏が立っており鳴いたのです。


 商人は泣く泣く主人にベニバナと船を渡しました。


上方に戻った商人は
妻に事のいきさつを話しました。


妻は船とベニバナを取り戻す為に、
日向へと向かいその宿に宿泊します。


 主人は商人の妻に同じように鶏が鳴く事を伝えると、
妻は
「もしその話が本当ならベニバナと船を渡しましょう。
でも鳴かなければ、この宿をもらいます」
と商人と約束します。


 妻は一晩中
鶏を鳴かさない方法を考えました。


そして名案が浮かびます。


それはふすまの鶏ののど元に
針を刺す事でした。
 
この方法は見事成功して、
朝が来ても鶏は鳴く事はありませんでした。


 青くなった主人に


妻は
「宿は持って帰れないので、
前に私の主人がとられたベニバナと
船を返してもらいましょう」と
船とベニバナを取り返したのでした。


おわり