人魚姫 その五

彼女を迎えに来た新しい仲間の風の精が
こんなことを教えてくれました。


「私たちの仕事は
爽やかな風を送って、辛い思いをしている人を
元気づけたり、
暑いところで苦しむ人を助けたり、
花の香りを運ぶことなの」


「そしてこの仕事を300年続けると
人間と同じように永遠の魂を得ることが出来るのよ」




ある春の日、
王子と妻は連れだって浜辺を歩いていました。


王子が妻に言いました。


「海を眺めていると、なぜかわからないけど
悲しい気持ちになることがあるんだよ」


その様子を眺めていたひとりの風の精が
妻の頬に優しい風を吹きつけました。


そして王子に向って笑いかけると
仲間たちと一緒に
バラ色の雲の中に消えていきました。



おわり



(あらすじはウィキペディアの「人魚姫」の頁を
参考にしました。)


***


「王子を見つめる人魚姫」いわさきちひろ