彦一ばなし(朝顔)その二

殿さまはすぐに言葉をついで
こう申されました。


「よし、よし。しからば明日ご先祖の墓参りをいたすから
その帰り道に立ち寄ることとしよう」


彦一はハッとして尋ねました。


「お墓参りのお帰りと申しますと、
それはなん時頃のことでございましょうか」


「そうじゃの、丁度午の刻頃であろうか」


「え、午の刻に」


彦一は、これは困ったことになったと思いました。


それもそのはず、午の刻とは今の時間で
丁度昼の十二時にあたります。


朝顔を昼の十二時に見せろというのは
何としても無茶な話です。


彦一が困ったのも無理はありません。


その慌てぶりを見た殿さまは


「はっはっ、どうじゃ、彦一、まいったであろう」


「いいえ、お殿様、
午の刻でいっこうにさしつかえございません。
ちゃんと咲いたばかりの朝顔をご覧にいれます。
是非是非お立ち寄りください」


彦一は持ち前の負けず嫌いでこう答えました。


朝早くに咲く朝顔を昼までもたせるということは
さすがの彦一でも出来るわざではありません。


「あぁ、困ったことになったぞ。
それも人もあろうにお殿様と約束してしまったとは」


彦一は心の中でつぶやきながら
お城を下がりました。


***


「かつおサブレ」



「鳩サブレ」


鳩・・じゃない「鴨サブレ」



「おかげ犬サブレ」