彦一ばなし(朝顔)その一

彦一は朝顔を育てる名人で
毎年心を込めて育てていました。


小鳥がたまごを温め、雛を育てるように、
タネを土に埋め、双葉に水をやりました。


その年も彦一の作った朝顔の鉢植えはよく出来て
お盆の頃、見事な花を咲かせ始めました。


***


彦一はお盆の挨拶にお城に参りました。
彦一は殿さまの大のお気に入りです。


殿さまは彦一に朝顔の出来具合を尋ねました。


彦一は
「はい、今年も綺麗に咲いております」


すると殿さまは
「ほほう、そうか、わしも一度そちの朝顔を
見てみたいものだ」


「では明日にでも十鉢ほどお城にお持ちしましょう」


「なに十鉢も持ってきてくれると申すか。
ずいぶん沢山作っておるとみえるな。」


「はい、みなで百鉢ほどは
あるかと思います」


「さようか、それはさぞかし見事なものであろう。
せっかく見るのであれば、
そのほうの庭で
百鉢の朝顔がパッと咲き揃ったところを
是非見たいものだ」


「はい、ありがたき、しあわせ。
いつなりと、お殿様のご都合のよい時に
どうぞ是非お越しくださいませ」


彦一はうっかりこう答えてしまいました。


***


話題沸騰、「みたらしにゃんこ」




***
このお話は少し長めになるかもしれないので
よろしくお付き合いください(*^_^*)