小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

彦一ばなし(笑わぬ娘)その二

「かぎや」から「娘を笑わせてほしい」と
頼まれた彦一がやって来ました。


娘の部屋に通されると
彦一は娘に
「今日はお嬢さんとにらめっこをしに来ました」


「私はどんなおもしろいものを見ても
笑う事が出来ません。
帰ってください」


娘は悲しげに言いました。


彦一は
「いいえ、私はお嬢さんに笑わせることが出来ますよ。
さぁ、にらめっこをしましょう」


娘は彦一とにらめっこをすることを
承知しました。


「さぁ、えんまさんのにらめっこ」


「だるまさん、だるまさん、にらめっこ」


彦一と娘はお互いに掛け声をかけて
にらめっこをはじめました。


「かぎや」の旦那さんと奥さん、
使用人の皆は部屋の外でふたりの様子を
うかがっていました。


つづく


***


名古屋「朝日屋」のフルーツサンド