彦一ばなし(鳥売り)その三

「おい、そのカラスは一羽いくらかね」


「はい、一羽十二文でございますたい」


もし雉が十二文で買えるなら安いものです。


「なに、十二文だと。少し高いが
まぁいいや。一羽こうてやろう」


「はい、はい、ありがとうございます」


彦一は十二文受け取ると
籠の蓋を開けて中からカラスを一羽取り出して
渡しました。


「あ、なんじゃ、これはカラスじゃないか」


「はい、そうです。
カラスをくれとおっしゃったので」


「そ、それはそうだが・・」


町の人は呆気に取られてカラスを眺めておりましたが
もう仕方ありません。


彦一はさっさとその場を引き上げると
また別の場所で同じようにカラスを売りました。


夕方までに町のあちらこちらをまわって
カラスを一羽残らず売りつくすことができました。


彦一は与作の家に行き
カラスを売った代金をそっくり渡してやりました。


それから、町の人たちは
与作が鳥を売りに行っても普通の値段で
買ってくれるようになりました。


***


リーコと「とび森」のなずなちゃん。


クラブで夜遊び~。