「聖衣」(2)


「聖衣」(2)


「会えて嬉しいよ」トムはちょっとぎこちない調子で
ジョニーに話しかけました。


「おいおい、
君たちに献金皿をまわすようなことは
しないから大丈夫だよ。
それよりランスロット、君の着ているチョッキは
最新の型のようだな。
ニューヨークではそんなのが今流行ってるのか?」


「君は前と変わらないな」
ランスロットは嬉しそうに言いました。


「なぁジョニー、
そんなバスローブみたいなもの脱いじまって
僕等と一緒にニューヨークに帰らないか。
君が帰ればみんなどんなに喜ぶか。
こんな冷蔵庫みたいなところから出るんだよ。」


そう言うトムに
ジョニーは穏やかな顔でこう答えました。


「そんな風に言ってもらえて
嬉しいよ、トム。
でも以前の生活に戻るつもりはないんだ。
ここで僕は理想の生活をしているんだよ。」


そして自分の着ている衣を
愛おしそうに撫ぜると言いました。


「僕はやっと膝小僧のでない服を見つけたんだよ。
服のしわを気にすることもない。
平和の衣を見つけたんだ。
僕は一生ここにいるつもりだよ。」


(O・ヘンリー「聖衣」より)


おわり


***


1月29日の誕生花


辛夷(花言葉は「友情」「信頼」)