小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

「吉四六さんとねずみの置物」とイラスト(星空読書会)

「吉四六さんとねずみの置物」その一


吉四六さんの村の庄屋さんはお金持ちで
珍しいものや高価なお宝を沢山持っています。


ある日吉四六さんが
用事で庄屋さんの家に行った時のこと、
庄屋さんは部屋にお宝を並べて眺めていました。


「こんちは。庄屋さん」


「おお、吉四六、いいところに来たな。
この前手に入れた、ねずみの置物を見せてやろう。」


それは本物のねずみそっくりに作られた
木彫りの置物でした。


「どうだ、これはある有名な人が作ったもので・・」


(また庄屋さんの自慢話がはじまった・・)


吉四六さんがそう思いましたが
つい庄屋さんをからかってみたくなりました。


「なるほど、よく出来てますね。
でもうちにも同じようなものはありますよ。
もしかしてこれより上等かも・・」


庄屋さんはムッとして


「ほう、そうかい。
それなら一度そいつを見てみたいものだね。
どうだね、吉四六、
うちのとおまえさんのを並べて
どちらが上等か見較べてみようじゃないか」


「もちろんいいですとも」


そう言って吉四六さんは家に帰りました。


つづく


***



***
1月5日の誕生花


ラッパ水仙(うぬぼれ 自己愛)


 
ところで、誕生花って、本やサイトによって
まったく違ったりしますね~。
その中から私の好きな花を選んで載せてます。