小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜

イラスト、昔ばなし、愛犬の写真など

おじいさんとタマ その二

おじいさんとタマ その二


「畑に行っても、

もうおじいさんはいないんだよ。」


家の人はタマに何回もそう言い聞かせましたが、

タマは畑に行くのをやめませんでした。


毎日毎日、畑に行って

夕方になると、とぼとぼと帰ってくるのでした。


何度も季節は巡り

タマも年を取りました。


ある春の日、タマは夕方になっても

なかなか家に帰ってきません。


心配した家の人は

タマを迎えに行きました。


耕す人のいなくなった畑には

タンポポの花がたくさん咲いていて

その中でタマは息を引き取っていました。


夕陽に照らされたタマの顔は

眠っているようにも

笑っているようにも見えました。


「タマは今頃おじいさんと一緒にいるんだよね」


家の人はタマの亡きがらを

畑の隅に埋めてやりました。


おわり