レモンタルトの夢

水彩画と色鉛筆イラストのブログです。

おじいさんとタマ

「おじいさんとタマ」その一


そのおじいさんは、口数の少ない
でもとても優しい人で、
飼い猫のタマをとても可愛がっていました。


おじいさんは毎日タマを連れて畑に通っていました。


おじいさんが畑仕事をしている間
タマは蝶々を追いかけて遊んだり
お昼寝したりして、ずっとおじいさんのそばで
過ごしました。


そして夕暮れになると
おじいさんとタマは一緒に家に帰りました。


何年か経ち、おじいさんは病気になり
とうとう亡くなってしまいます。


お葬式のあと、家の人は
タマの姿が見えないのに気づきました。


外を探すと
タマはおじいさんの畑でポツンとひとり
座りこんでいました。


抱きあげるとタマは
畑に向かって一声「にゃーん」と
悲しげに鳴きました。


(つづく)


☆コメント何件かいだたいております。
ありがとうございます(*^_^*)
お返事は明日(か明後日)以降になります。
すみません。